日本と海外では電源電圧が異なります 海外で使える家電・電化製品の選び方

日本と海外では電源電圧が異なります

日本の電源電圧は100Vなのですが、海外では、アメリカで120V、フランスでは220V、中国では110/220V、オーストラリアでは240/250V、、、と国や地域によって大きく異なります。また、電源周波数も地域によって異なります。(日本でも東側50Hz、西側60Hzと異なりますよね)

一般的に日本の電化製品を海外で使う場合には、変圧器を使って電圧を変えてやります。この場合、消費電力の比較的小さな電化製品であれば問題は無いのですが、消費電力が大きい場合は対応する変圧器も大きいものになってしまうので、持ち運びが困難となります。変圧器は小さいものでも見た目より重いものですので、大きいものになると相当重くなってしまいます。

最近は日本から海外に行く人も多いので、家電メーカーさんが海外各地に対応した電化製品を作ってくれていますので、日本用の電化製品と大きな変圧器を持っていくよりは、海外向け家電製品を買っていくほうが断然ラクチンです。

在住国の電源電圧を調べるには→こちら(海外電気CLUBさんのページ)

※日本用に作られた電化製品を海外にもって行き、そのまま変圧器を通さずに使用すると火災や故障の原因となりますので、絶対に試さないでくださいね。
ブックマークに追加する | 海外向け家電・電化製品の選び方
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。