炊飯器の選び方(海外用炊飯器向け) 海外で使える家電・電化製品の選び方

炊飯器の選び方(海外用炊飯器向け)

まず最初に在住予定の電源電圧をチェックしてください。プラグの形状も分かる場合は調べておきます。

次に、どのくらいの量のごはんを一度に炊くかで炊飯器容量を決めます。目安としては、シングル用には3合炊き、4人程度の家族には5合炊き、それ以上の人数の家族には1升炊きがよいでしょう。

容量が決まったら、炊飯器の機能を選びます。炊飯器には大きく分けてIH方式の炊飯器とマイコン方式の炊飯器があります。この違いは内釜の加熱方法の違いなのですが、マイコン方式は内釜の下にあるヒーターで下から加熱するのに対し、IH方式では内釜全体を加熱するので熱を全体にムラなく伝えるのでよりおいしく炊けます。

少量のご飯を炊く場合には違いは少ないのですが、一度に炊くご飯の量が増えるにつれてその差は顕著に表れることになります。また、内釜の厚さも炊きあがりに差が出ますので、味にこだわる場合は厚釜のものを選ぶとよいです。

一般的にIH炊飯器はマイコン方式の炊飯器より高くなりますので、ご予算と味へのこだわり具合を元に決めるとよいでしょう。

以上、海外用炊飯器を選ぶ手順を示しましたが、今のところ海外用炊飯器の種類があまり多くないので選択肢は多くありません。実際には電圧、容量、IHかそうでないか、で選ぶことになるでしょう。

海外用炊飯器一覧は→こちら(海外電気CLUBさん)
ブックマークに追加する | 海外向け家電・電化製品の選び方
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。