海外向け家電・電化製品の選び方 海外で使える家電・電化製品の選び方

日本と海外では電源電圧が異なります

日本の電源電圧は100Vなのですが、海外では、アメリカで120V、フランスでは220V、中国では110/220V、オーストラリアでは240/250V、、、と国や地域によって大きく異なります。また、電源周波数も地域によって異なります。(日本でも東側50Hz、西側60Hzと異なりますよね)

一般的に日本の電化製品を海外で使う場合には、変圧器を使って電圧を変えてやります。この場合、消費電力の比較的小さな電化製品であれば問題は無いのですが、消費電力が大きい場合は対応する変圧器も大きいものになってしまうので、持ち運びが困難となります。変圧器は小さいものでも見た目より重いものですので、大きいものになると相当重くなってしまいます。

最近は日本から海外に行く人も多いので、家電メーカーさんが海外各地に対応した電化製品を作ってくれていますので、日本用の電化製品と大きな変圧器を持っていくよりは、海外向け家電製品を買っていくほうが断然ラクチンです。

在住国の電源電圧を調べるには→こちら(海外電気CLUBさんのページ)

※日本用に作られた電化製品を海外にもって行き、そのまま変圧器を通さずに使用すると火災や故障の原因となりますので、絶対に試さないでくださいね。
ブックマークに追加する | 海外向け家電・電化製品の選び方

海外ではプラグの形状が異なります

日本と海外ではプラグ(差込口)の形状も異なります。
海外で主に使われているプラグは以下の7種類です。

主なプラグの種類


海外へ行ってから慌ててプラグを探しに街をさまようのは大変でしょうから、渡航先のプラグ形状が分かっている場合は日本から買っていくと便利です。

ただし、プラグの形状は国ごとに異なるものではなく、国の中でも地域によって異なるのでご注意ください。在住予定国の掲示板等で質問されてみるとよいかと思います。

在住国のプラグを調べるには→こちら(海外電気CLUBさんのページ)
ブックマークに追加する | 海外向け家電・電化製品の選び方

炊飯器の選び方(海外用炊飯器向け)

まず最初に在住予定の電源電圧をチェックしてください。プラグの形状も分かる場合は調べておきます。

次に、どのくらいの量のごはんを一度に炊くかで炊飯器容量を決めます。目安としては、シングル用には3合炊き、4人程度の家族には5合炊き、それ以上の人数の家族には1升炊きがよいでしょう。

容量が決まったら、炊飯器の機能を選びます。炊飯器には大きく分けてIH方式の炊飯器とマイコン方式の炊飯器があります。この違いは内釜の加熱方法の違いなのですが、マイコン方式は内釜の下にあるヒーターで下から加熱するのに対し、IH方式では内釜全体を加熱するので熱を全体にムラなく伝えるのでよりおいしく炊けます。

少量のご飯を炊く場合には違いは少ないのですが、一度に炊くご飯の量が増えるにつれてその差は顕著に表れることになります。また、内釜の厚さも炊きあがりに差が出ますので、味にこだわる場合は厚釜のものを選ぶとよいです。

一般的にIH炊飯器はマイコン方式の炊飯器より高くなりますので、ご予算と味へのこだわり具合を元に決めるとよいでしょう。

以上、海外用炊飯器を選ぶ手順を示しましたが、今のところ海外用炊飯器の種類があまり多くないので選択肢は多くありません。実際には電圧、容量、IHかそうでないか、で選ぶことになるでしょう。

海外用炊飯器一覧は→こちら(海外電気CLUBさん)
ブックマークに追加する | 海外向け家電・電化製品の選び方

海外で日本のDVDを見ることができる?

通常、DVDを見るためにはテレビとDVDプレーヤーがあれば簡単に見られるものなんですが、海外で日本のDVDを再生してみたいとなると話は少しややこしくなります。問題点は二つあります。

まず、DVDにはリージョンコードと呼ばれる規格があります。日本はこのリージョンコードが2なのですが、例えばアメリカでは1ですので、日本のDVDソフトはアメリカのDVDプレーヤーで再生することができません。(渡航先のリージョンコードを調べるには→こちら

また、海外ではテレビの放送方式が日本とは異なります。日本のテレビに採用されている方式はNTSCなのですが、海外ではPAL、SECAM方式を採用している場合があります。日本のDVDソフトをPAL方式を採用している地域のDVDデッキ、テレビで再生しようとすると正しく再生されません。例えば、ヨーロッパのリージョンコードは2、日本のリージョンコードも同じ2なので、再生できそうなものなのですが、日本ではNTSC方式、ヨーロッパではPAL方式またはSECAM方式を採用しているので正しく再生されません。(渡航先のテレビシステムを調べるには→こちら

、、、と、なんだかややこしいことを書いてしまいましたが、実は日本で買ったノートパソコンや、ポータブルDVDプレーヤーを持っていけば、日本のDVDは普通に見られます。(電源電圧の違いに注意!)
問題は、日本のDVDをノートパソコンやポータブルプレーヤーの小さい画面ではなく、テレビの大画面で見たい場合に起こってしまうのです。

「小さい液晶画面でも大丈夫!」という方は、日本からノートパソコンやポータブルプレーヤーをDVDソフトと一緒にお持ちになってください。ただし、渡航先のリージョンコードが2以外の場合は、現地で買ったDVDは見れないことになるのでご注意ください。ノートパソコン付属のプレーヤーはリージョンコードを数回変更できる場合がありますが、変更して現地対応にしてしまうということは、日本のDVDが見れなくなるということですので慎重にご検討ください。(この事項について解決策が見つかりました。→パソコンのDVDドライブをリージョンフリー化する )

で、本題の「海外で大きい画面で日本のDVDを楽しみたい場合」なんですが、リージョンフリーのDVDデッキとマルチシステムのテレビを入手することによって可能です。グローバル化が進む現代は、海外各地でもリージョンフリーDVDデッキやマルチシステムのテレビは入手が可能であると思われますが、渡航先で入手の困難が予想される場合は日本から買って持っていくことも選択の一つです。現地で買う場合は説明書や画面表示も現地語になってしまうということですので、日本語の環境が欲しいと思われる方は日本から持っていくことになります。

世界で使えるDVDプレーヤーは→こちら
マルチシステムテレビ一覧は→こちら
ブックマークに追加する | 海外向け家電・電化製品の選び方
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。